この精油はピリリとスパイシーな中に甘みを含んだ官能的な香りが特徴的です。

 
この特徴的な香りは、ワインやリキュール類の香り付けに使用されていたり、
精油は化粧品や石鹸、香水の原料として使用されています。

 
香りを嗅ぐことで、気持ちが落ち込んだ時にしゃきっとさせてやる気をだしてくれる作用や、
記憶力を高めて集中させてくれる作用を心にもたらしてくれます。

 
この精油が身体面に与える効果としては、
体内からいらない毒素を排出してくれるデトックス作用や、
炎症を抑えてくれる作用、お腹のガスをスッキリさせる作用や、
身体を温め食欲を増やしてくれる作用などが有名です。

 
この精油とブレンドするのに相性の良い香りは、
2つの方向性があります。
一つ目はスパイス系の精油と合わせる方法です。

 
スパイシーな香りを持つ精油ですので、
同じジンジャーやバニラなどのスパイス系精油であれば、
大抵良い具合の香りに仕上がります。

 
二つ目は柑橘系の精油と合わせる方法です。

 
例えばスイートオレンジやベルガモット、
レモンやグレープフルーツといった柑橘系の精油と合わせることで、
柑橘系のさわやかな香りにスパイスが加わり、
大人っぽい香りを楽しめます。

 
なお、この精油は神経を麻痺させる成分を含んでいるので、
必ず少量を使用するようにしましょう。