注意点について

| 未分類 |

 

 

エッセンシャルオイルが今、女性を中心に人気を呼んでいますが、使い方を間違えると危険なものになるものもあります。

 
どんな扱い方が危険なのか、注意点をそれぞれの部類にまとめていきます。
一つはアルコール系で、代表のオイルはペパーミントです。

 
これには感染作用と抗ウィルス作用があり、毒性が無く、皮膚刺激の原因にもならないので安心して使える成分が含まれています。

 
エステン系の代表はオイルはラベンダーです。

 
こちらは中枢神経を抑える作用があり、強い鎮静作用、抗けいれん作用などが含まれている上、皮膚刺激がほとんどないので最も安全なものといわれています。

 
もう一つはフェノール系で、代表はバジルです。

 
これには殺菌作用があり、皮膚や粘膜に対して刺激が強いうという問題があり、使用すると肝機能障害を引き起こす可能性があります。

 
フェノール系を含むオイルは多量に使用しないようにするよう気を付けます。
もう一つはケトン系です。

 
ケトン系には長期間脂肪分解や細胞活性作用があり、その反面、神経に対して毒性も入っており、長期にわたって使用すると知覚異常や神経麻痺を引き起こす可能性があります

 
こちらのケトンも多量に使用すると健康に大きな被害を及ぼすので、フェノールとケトンを多く含むオイルを使用するのは避けるようにします。