体への影響

| 未分類 |

 

このエッセンシャルオイルは古代エジプト時代から薬剤や香料として活用されていました。
ワインの香りづけや肉の腐敗防止になどに利用されていたのです。

 
香りはスパイシーでほんのり甘い官能的な香りです。

 
香りの体への効果は、消化器系の様々な不調に働いて消化不良や食欲不振を改善します。

 
また、刺激作用が働く事で血行を良くし、毒素や老廃物を排出します、痛みを和らげてくれる効果があります。

 
特に冷え症の女性には血行が良くなり、冷えを改善出来るのでオススメです。

 
肌への影響はデオドラント効果があります。

 
心への影響は気分を高揚させてくれ、集中力を高めてくれる作用があります。

 
この香りは特に胃腸などが弱い消化器系に悩みがある方に大変オススメです。

 
食欲が無い、胃の調子が悪いなど不調がある方はアロマ配合のキャンドルやお風呂に1~2滴アロマを垂らしたり、マッサージオイルにしたりと活用してみて下さい。

 

 
ただし、このエッセンシャルオイルの使用上の注意点があり、皮膚を刺激する事があるので濃度に注意する必要があります。

 
また、敏感肌の方やアレルギーの方はパッチテストをしてから使用すると良いでしょう。
消化器系にトラブルを抱えている方には是非オススメです。